遺言の撤回方法とは

遺言の撤回・方法

 

遺言者の生存中、遺言はいつでも撤回及び変更を行うことが可能です。

 

遺言を撤回・変更する際の基本的な方法は、撤回・変更の内容を記載した新たな遺言書を作成するというものです。

 

 

遺言書は常に新しい日付のものが優先されるため、新しい遺言書の内容に以前の内容と異なる部分があれば、その部分は取り消され新しい遺言書の内容が有効となります。

 

なお、新しく作成する遺言書は以前の遺言書と同じ方式である必要はなく、例えば公正証書遺言を自筆証書遺言で撤回する事も可能です。

 

 

遺言内容を部分的に撤回・変更したい場合は、全面的に新しい遺言書を作成しなくても、撤回・変更部分だけを記載した新たな遺言書を作成する方法があります。

 

また、公正証書遺言や秘密証書遺言の撤回・変更には新たな遺言書の作成が必要ですが、自筆証書遺言ならば、原文に加除訂正の手を加えれば、内容を撤回・変更する事ができます。

 

ただし加除訂正は法律に定められた方法に従っていないと無効になりますので注意が必要です。

 

 

このほか、遺言書に記載した財産を遺言者自身が処分してしまうことで、事実上、遺言を撤回する方法もあります。

 

例えば、遺言書に「甲土地を長男に相続させる」と記載していても、遺言者が亡くなる前にその土地を処分していた場合、その遺言は効力が生じません。

 

 

さらに、遺言内容をすべて撤回したいというときには、自筆証書遺言や秘密証書遺言なら、その遺言書自体を破棄してしまえば済みます。

 

しかし、公正証書遺言の場合は原本が公証役場に保管されているため、遺言者が所持する正本や謄本を破棄しても遺言を撤回した事にはなりませんので注意しましょう。

 

この場合は遺言を撤回する旨の公正証書を作成するか、遺言撤回の旨を記載した新たな遺言書を作成することが必要です。