資産価値の高い土地や家を相続すると高額な相続税を現金で請求される可能性が高いです。

相続税について

 

遺産相続を行うと、その金額に応じた相続税が発生します。
関係ないと思うかもしれませんが、2015年に大幅な増税になったので注意しましょう。

 

 

相続税を知らないとトラブルの元です。

 

まず、遺産とは貯金だけではなく、土地や家などの不動産も含みます。

 

この際、土地や家は評価額を算出され、それが遺産相続の金額に加算されます。
これが一定金額以上になると、相続税を払わなくてはならないのです。

 

基礎控除と言う、一定金額以内なら課税を免除する法律がありますが、これを超える人は今後増えていくと予想されます。

 

 

トラブルの例としては、税金を払えない可能性です。

 

土地や家の価値が高いと、莫大な資産評価を受けることになります。

 

しかし、預貯金はとても少なかったとしたらどうでしょうか?
土地や家の相続税が高額で、現金で支払うのが困難になってしまう場合があります。

 

土地

こうなると資金を集めるのが非常に大変ですし、最悪の場合、土地や家の売却も検討しなければなりません。

 

相続税がいくらになるか把握しておかないと、急に現金で大金を用意しなくてはならないので、注意が必要です。

 

 

このような相続税対策として生命保険があります。
生命保険が入ると、まとまった現金が手に入るため、相続税の支払いにあてることが可能です。

 

特に、遺産相続時に困るのが亡くなった人の金融口座が凍結される問題です。

 

遺産相続が正式に終わるまで現金を引き落とせないので、すぐに手に入る生命保険は貴重です。
葬儀費用や生活費、相続税の支払いなど、いろいろと活用できるのです。

 

 

または、生前贈与により相続税の基礎控除に収まる金額まで少なくしておく方法です。

 

基礎控除の金額は、3,000万円+600万円×法定相続人となります。
妻と子供が1人居るなら、3,000万円+600万円×2人となり4,200万円が基礎控除されます。
この金額に収まるように調整しておくのも有効な相続税対策でしょう。

 

 

相続税の仕組みを把握して、遺産相続で困らないように身構えておいてください。

遺産相続の相続人の範囲