遺産相続には借金も含まれます。そんな時は相続放棄を行って借金返済を免れましょう。

相続放棄について

 

遺産相続のトラブルを回避するには、相続放棄について知っておく必要があります。

 

びっくりする男性

 

いざ遺産相続を行おうとしたら、多額の借金が発覚するケースがあります。

 

家族に黙ってギャンブルにお金をつぎ込んでいたり、愛人に貢いでいる場合もあるでしょう。株やFXの失敗による借金など、考えだしたら切りが無いです。

 

 

数十万円程度なら返済することも可能でしょうが、数千万円単位になっていたら一大事です。
遺産相続とはプラスだけではなく、借金もそのまま相続してしまいます。
下手をしたら、いきなり借金地獄に足を踏み入れることもあるでしょう。

 

 

問題は、この借金に対してどのような対処をするかです。

 

 

その1つが相続放棄です。

 

これは、遺された遺産を一切相続しないというものです。
正しく行えば、借金を背負うことは回避できます。

 

相続放棄は、家庭裁判所に申請しなければいけないので、必ず行うようにしましょう。
紙に誓約書の形で書いても無効なので注意してください。

 

 

また、遺産に借金がある場合は、相続人の全員が相続放棄をするようにしましょう
誰か1人が相続放棄しただけでは、借金が他の相続人にいってしまうだけです。
連絡を取り合って、相続人全員で対処するようにしてください。

 

 

他にも、遺産相続で相続人同士で激しくモメている時も有効です。

 

莫大な遺産を目の前に人間性が変わってしまう人も少なからず存在しています。もしドロ沼に巻き込まれて精神的な負担を受けたくないなら、早々に相続放棄してしまうのも1つの手です。

 

 

この相続放棄は、相続人になったと把握してから3ヵ月以内に家庭裁判所へ申請しなければいけません

 

そうしないと、単純承認と言う、遺産をすべて相続することに同意したと見なされます。
借金が発覚した時点ですぐに対処しないと後悔してしまうでしょう。

 

 

親族や第三者から相続放棄を強要された場合も注意が必要です。
相続放棄を強要するのは法律違反なので、逆に相手を訴えることも可能でしょう。

 

 

正しいルールを知っていれば様々な対処が出来ますので、相続放棄について覚えておいてください。

相続税と対策