素行が悪い相続人がいる場合

素行が悪く、被相続人にも迷惑をかけ続けた相続人がいるというケース

 

素行が悪く、被相続人にも迷惑をかけ続けた相続人がおり、他の相続人が、この相続人に相続をさせたくないと考えている場合には、相続の権利を失わせることができます。

 

被相続人に対して、迷惑な行為、不利益な行為を繰り返してきた相続人に対しては、被相続人が家庭裁判所に申し立てをして、相続権をはく奪することのできる相続廃除という制度があります。

 

 

具体的には、素行が不良で、借金を繰り返し、被相続人に肩代わりさせた、被相続人に対して、虐待や侮辱を繰り返したなどという行為が、相続廃除を申し立てる理由にあげられます。

 

被相続人が、このような相続人を除いて他の相続人だけに遺産を分割するという内容の遺言書を作成したとしても、通常は遺留分という権利が、法定相続人には認められていますので、相続人が遺留分減殺請求を申し立てれば、遺産を遺したくない相続人にも遺産を分割視されることになってしま為、相続廃除という制度が定められているのです。

 

 

これまでには、相続人が年老いた父母に対して、衣食住の面倒をみないばかりか、暴言によって、父母を傷つけ続けていた息子からの相続廃除、配偶者に対して度重なるDVを加えた夫からの相続廃除、正業に就かず、被相続人の資産を無断で浪費し続けた子からの相続廃除というような事例があります。

 

反対に、被相続人が、相続廃除の申し立てをしても、家庭裁判所において、被相続人にも非があると判定された場合には、相続廃除が認められません。

 

 

相続廃除の手続きは、被相続人が存命中に家庭裁判所に申し立てをする方法と、遺言書に相続廃除についての記載をする方法があります。

 

遺言書に相続廃除についての記載があった場合には、遺言書で指定された遺言執行者、又は遺言書に遺言執行者が記載されていなかった場合には、家庭裁判所が選任した遺言執行者が家庭裁判所に申し立てをし、手続きを進めます。

 

⇒家族の経済をまったく考えていない遺言書も問題です