無効となってしまう遺産分割とは

無効となる遺産分割

 

  • 相続人の一部を除外してなされた遺産分割
  • 遺産の一部を抜かしてなされた遺産分割で、それが遺産分割に重大な影響を及ぼす場合
  • 相続人でない人を加えてなされた遺産分割

 

上記に該当する場合には、遺産分割協議が無効となります。

 

相続人が増えるケースとしましては、相続人となる胎児が判明した場合や、遺言書で認知を行った場合などです。

 

胎児は相続に関しては既に生まれたものとみなされるため、相続人となることができます。

 

ただし、それには無事出生することが条件となりますので、死産であった場合には相続人となる事ができません。

 

もし相続人となる胎児がいる場合は出生を待ってから遺産分割を行った方が無難でしょう。

 

 

また、遺産分割に重大な影響を及ぼす財産を抜かしてなされた遺産分割は錯誤により無効となりますので、新たにその財産を加えて遺産分割協議を行う必要があります。

 

さほど重要ではない財産が判明した場合などは、新たに判明した財産についてのみ遺産分割協議を行えば足り、無効とする必要はありません。

 

遺産分割協議を作成する際は、このように後日に遺産が判明したときに備えて「新たに判明した財産は○○が取得する」「再度遺産分割協議を行う」といった明記をあらかじめ行っておくことが望ましいでしょう。