問題のある遺産を分割した場合

分割した遺産に問題があった

 

遺産分割をして受け取った遺産に問題があるというのは、次のような場合が考えられます。

 

被相続人の財産ではなく、実は他人のものだった
数量が不足していた、または一部が失われていた
用益権や担保権などが付いていて、制限があった場合
通常の注意を払っただけでは気付かない欠陥(隠れた瑕疵)があった
遺産として受け取った債権の債務者が無資力で回収できない

 

 

仮にこのような問題があることを知らずに遺産分割を行った場合、その財産を受け継いだ相続人と他の相続人との間で不公平が生じてしまいます。

 

したがって、このような問題から生じた減額分を他の相続人も一緒に相続分に応じて負担する事となります。

 

 

例えば、相続した土地(3,000万円)の半分が他人の物であった場合があるとします。

 

相続人が3人で、この土地を単独で相続した人が他の相続人に対し1,000万円ずつの価格代償を行っていた場合、この土地を単独で相続した人は損をするどころかマイナスとなってしまいます。

 

そのため、このような場合は1,000万円であった価格代償を500万円に変更することが可能です。

 

変更は裁判所に減額請求するか、上記の2から5に当てはまる場合損害賠償請求によって行うこともできます。