遺産相続の相続人の範囲が複雑になるとトラブルになるケースが存在するので注意してください。

遺産相続の範囲

 

遺産相続が始まると、何かとトラブルに見舞われてしまうことが多いでしょう。
それは、遺産相続の内容から、相続人が誰なのかと言ったように多岐に渡ります。

 

 

例えば、遺産相続を行う相続人の範囲でトラブルが起きることがあります。
そもそも相続人は法律で決められています。

家族の顔

 

最初は、妻や夫の配偶者とその子供が第1順位の相続人となります。
次に、亡くなった人の両親が第2順位となり、最後が兄弟関係です。

 

すぐに相続人が分かる場合は問題ありませんが、

  • 養子が居る場合
  • 前妻の子供が居る場合
  • 相続人が亡くなっている場合
  • 行方不明になっている場合

様々なケースが考えられます。

 

人によって状況が異なるため、トラブルになってしまうことが少なくありません。
1つずつ解決していくのが無事に遺産相続を終えるために必要になります。

 

 

まず、養子は子供と同様に相続人としての権利を持っています

 

養子に遺産を渡したくないと主張する人が居ても、
法律的に認められているので主張を却下できます。

 

 

次に、前妻や前妻の子供などは相続人にはなりません
あくまでも亡くなった人の実の子供だけが対象となるのです。

 

しかし、例外もあります。
しっかりと養子縁組を行っていれば相続人としての権利を持っているのです。

 

養子縁組を行っているかどうかは、戸籍謄本等で調べられるので確認しておきましょう。
行ったつもりでも、法律的には受理されていない可能性もありますので注意してください。

 

 

相続人の1人が亡くなっている場合はどうでしょうか。
亡くなった人に子供が居るなら、代襲相続が行われます。
これは、相続人の代わりにその子供が遺産を受け取る権利を持つものです。
子供が居ないなら単純に権利が無くなるだけとなります。

 

 

最後に、一番厄介なのが行方不明者が居る場合です。
連絡が取れないからと言って相続人から外すことはできません。
行方不明者を放っておいたまま遺産を分割しても無効扱いされてしまうので気を付けましょう。

 

 

法律を知っておけば無秩序な主張を抑えられますので有効です。
問題が起きないようにするために遺産相続について学んでおくと良いでしょう。