亡くなった人の住民票の住所と不動産の登記事項証明書の住所が一致していなければいけません。

遺産分割協議書の作り方とポイント

 

遺産の分割方法がまとまったら、それを証明するために遺産分割協議書を作らなければいけません。

 

これには法律的な決まりは無いので、必要事項さえ記入されていれば自分で作成しても問題ないのです。しかし、ミスがあると不動産の名義変更が出来ない場合もあるので注意しましょう。

 

 

まず、遺産分割協議書の紙や大きさに決まりはありません

 

ページ数も自由なので、書きやすい丈夫な紙にすると良いでしょう。
手書きでもパソコンで作成しても問題ありませんし、複数人で書いても有効です。

 

1つ注意しなければいけないのが、相続人の署名は各自で書かなければいけません

 

 

また、相続人全員で協議した、という言葉は必ず入れておく方が良いでしょう。

 

さらに、土地や家の不動産について記載する時は、登記事項証明書を書き写すようにしてください。少しでも違っていると作り直さなくてはいけなくなります。

 

 

遺産分割協議書には、必ず書いておかなければいけないことがあります。

 

それが、

  • 亡くなった人の住民票の住所
  • 不動産の登記事項証明書に記載されている住所

です。

 

この2つの住所は、完全に一致していなければいけません。

 

 

次に内容ですが、不動産は住所などを明記した上で、誰が相続するのか書いておきましょう

 

預貯金についても、○○銀行の預貯金は誰が受け取ると書くのが重要です。
口座番号まで記載しておきましょう。
他にも財産がある場合は、それぞれ誰が相続するのかを明記してください。

印鑑

 

 

もし、遺産分割協議書が複数枚になる時は、左側をホチキスなどで止めて、見開き1ページ目にすべての相続人実印を割印しておきます。

 

 

しっかりと遺産分割協議書を作成しておかないと、後でトラブルになるケースもあります。
遺産の分割方法に納得がいかない、そんな話は聞いていない、というパターンです。

 

協議書が無いと法律的に証明されないため、再度遺産分割をやり直さなければなりません。
手間も時間もかかる上に、人間関係も悪化するため、必ず作成するようにしましょう