遺産分割後に遺言書が出てきた場合

遺産分割後に出てきた遺言書

 

遺言書の効力は、相続開始時に遡ります。

 

すなわち、既に遺産分割を終えてしまっていたとしても、その効果は遡及して無効となり、遺言に基づいた遺産分割を行う必要があります。

 

たしかに遺言は亡くなる方の最後の希望ですから、それに従うのが一番よい事かもしれませんが、すでに遺産分割を終え相続人全員が納得していたにも関わらず後から遺言書が出てきて争いになってしまうのは望ましくありません。

 

そのため相続人全員の合意がある場合、遺言と異なる遺産分割を行う事も可能です。

 

なお、遺言書に遺言執行人の指定があった場合は相続人全員の他にその遺言執行人の同意も必要となります。

 

ただし遺産の分割を5年以内に限り禁止する旨の遺言を行うことも可能ですので、このような事項が含まれていた場合は遺産分割を行うことができませんので注意しましょう。

 

また、認知や廃除といった相続人の人数が変わるような遺言があった場合、それらを踏まえた上で遺産分割をやり直します。

 

廃除の遺言はただちに廃除されるのではなく廃除の審判が確定してはじめて廃除されますので、廃除の審判まで遺産分割を保留しておいてもよいでしょう。