被相続人に借金がある場合

被相続人が債務をかかえているなど、負の遺産が遺されていたケース

 

相続する遺産のうち、マイナスの財産の方が多かった場合には、相続を放棄することができます。

 

通常は、相続が開始されて、何の手続きもしないと、単純承認での相続ということになり、借金などの負の財産もすべて相続することになるのですが、相続が開始された時点から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをすることによって、遺産の相続を放棄することができます。

 

家庭裁判所で相続の放棄が認められると、その後相続放棄を取り消すことはできなくなり、残りの相続人たちの遺産分割に関わる権利もなくなります。

 

借金は受け継ぎたくないが、家族で過ごした思い出もあり、現在の住居でもある被相続人名義である持ち家を手放したくないというような場合には、相続限定承認という方法もあります。

 

相続限定承認とは、相続した財産の中から借金を清算し、残りの分は遺産として相続するという方法です。

 

土地、家屋以外での資産で、借金が清算できれば、住居は失わないで済むということになります。

 

但し、土地や家屋を売却しなければ、借金を清算しなければならない場合には、土地や家屋を売却することになりますが、それでも足りない分に関しては、返済の義務はありません。

 

単純承認で相続すると、遺産だけで借金が返済できなかった場合には、相続人が負債を受け継ぐことになってしまいますが、相続限定承認の場合は、遺産の範囲内での返済と限定されるからです。

 

相続限定承認も相続放棄と同じく、相続開始から3か月以内に、家庭裁判所に相続限定承認の申し立てをするのですが、違うのは、相続放棄が個人でも申し立てられるのに対して、相続限定承認は、相続人全員の合意が必要であるということです。

 

その他、被相続人が他人の債務の保証人になっており、金融業者などから相続人に対して取立てがある場合にも、相続放棄や限定承認は認められる可能性があります。

 

このような場合には、土地や家屋まで失うことにならないような解決方法を得るために法律の専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

⇒相続税対策のつもりが、実は失敗してしまうケース