同居していた場合に起こりやすいトラブル

相続人のうちの一人が、被相続人と同居していた場合に起こりやすいケース

 

兄弟姉妹が、それぞれ結婚し、家庭を持って両親とは別に暮らしていたが、片親が亡くなった後は、数十年に渡り、長男が配偶者とともに、残された片親と同居していたというような状況で、遺された片親が亡くなった時にはどのようなトラブルがおこる可能性があるでしょうか?

 

相続人全員が、納得できる内容の遺言書が作成されていれば、何のトラブルも起こらず、順調に遺産相続は進みますが、たとえ遺言書が作成されていても、その内容が資産すべてに関して正確に記載されたものではなかったり、相続人の中に、不服を持つ人がいたりすると、遺産分割についての協議を行わなくてはなりません。

 

 

それでは、遺言書の内容が不完全だった場合や、遺言書がなかった場合には、どのようなことになるか考えてみましょう。

 

法定相続分では、このケースのように両親が他界した場合、子供たちが均等に遺産を分割するというように定められていますが、現実には、遺産を均等に分割することは難しいのです。

 

遺産を完全に均等に分割するためには、資産を全て現金化し、それを頭数で割るという方法が考えられますが、このケースの場合、被相続人と同居していた長男夫婦は、住む家を失うことになります。

 

土地家屋以外にたくさんの資産があり、残りの資産を、長男以外の兄弟姉妹が分割しても、十分に公平な遺産が受け取れる、長男夫婦に財力があり、土地家屋を売却した場合の価格に見合うだけの現金を、兄弟姉妹に遺産分割として支払うというようにできるのであれば、問題はありませんが、資産のほとんどが土地家屋だけであった場合、土地家屋を売却して遺産を分割するしか方法が遺されていないことになってしまいます。

 

同居していた長男夫婦が、数十年親の面倒をみてきたのだから、土地家屋を相続する権利があると主張し、残りの兄弟姉妹が、遺産は公平に分割するべきであると主張すれば、トラブルがおこってしまいます。

 

このようなことを避けるためには、法的な効力を持ち、なおかつ相続人全員が納得できる内容の遺言書を作成しておくことが、有効な方法です。

 

⇒逆に素行の悪い相続人がいた場合は?