遺産相続のよくあるトラブル

他人事じゃない!遺産相続のよくあるトラブル

 

「相続トラブル」と聞くと、亡くなった人の親族や子らが遺産をめぐって争う姿を想像してしまいがちです。

 

確かに、相続トラブルで最も多いのは相続人間での争いだといえますが、実は相続トラブルはこれらだけに留まりません。

 

遺産分割後に権利を主張する第三者が現れたり、遺言書がひょっこり見つかったり、相続税の問題などでのトラブルなど…。

 

ついつい見落としてしまいがちですが、相続でのトラブルは決して相続人間の事だけではないということを是非知っておいてください。

 

特に相続税は税制改革によって増税が決定されているため、今まで以上の人に相続税が課せられ、さらにその額もアップしてしまいます。

 

きちんと税の控除額やその税率、課税対象の財産、非課税の財産などを事前に把握しておき、その対策を行っておくことが重要です。

 

例えば、特別控除の制度を上手く利用して課税額を減らしたり、相続税の分をあらかじめ確保しておくといった対策です。

 

また、財産の生前贈与などをあらかじめ行っておき、相続時の財産をできるだけ少なくしておく、といった対策も有効です。

 

ただしその場合、贈与税が課されますので上手く基礎控除や制度を利用し、長期的に対策していかなければなりません。

 

 

権利を主張する第三者に対しては相続登記によって、きちんと名義変更を行っておき対抗要件を備えておくようにしておく事が重要です。

 

なお、名義変更が故人のままだと名義変更ができなくなってしまいますので注意しましょう。

 

また、遺言書は相続トラブルをあらかじめ回避してくれる効果がある反面、争いの元となってしまう場合もあります。

 

遺言書のリスクをあらかじめ知っておき、遺産相続に関するトラブルを予防しましょう!

 

 

金庫の開錠など、鍵開けトラブルでお困りの方はこちらをご覧下さい。